一人ひとりの症状にあわせた施術で患者様の健康な暮らしをサポートいたします。

間違いだらけの冷え性対策

間違いだらけの冷え性対策

家庭で行われがちな“間違った冷え性対策”

① 靴下の重ねばき

冷えている部分を温めるというのは基本的には間違いではありません。ただ問題なのは使っている靴下です。寝ているときには筋肉の運動がほとんどありませんので、血行が非常に悪い状態になっています。そこに足首や足を締め付けるような靴下を2枚、3枚と履いてしまうとますます血行を悪くしてしまい、「冷え」を増長させてしまいます。

また綿の靴下は汗を吸い取ってはくれるのですが放出してくれないので、一度汗を吸ってしまうとその靴下は濡れた状態になってしまい、これもまた「冷え」を増長させてしまいます。

② 冬は電気毛布でぬくぬく

このように言われる方は非常に多いです。確かに暖かくて気持ちが良いのですが、問題は電気毛布が発する「電磁波」と「静電気」です。この2つはいわゆる「サラサラの血液」を「ドロドロの血液」に変えてしまう張本人なのです。よって血行が悪くなってしまい、冷え性が治るどころか悪化させてしまうのです。

解決策としては「湯たんぽ」をオススメしています。寝る前に布団の中に「湯たんぽ」を入れておき温かい状態にしておいてから布団に入るようにしてもらいます。

 

③ 冬場のお出かけはおしゃれにブーツ

女性用のブーツはシルエットが細いものが多く足を締め付けます。また足首が固定されるので足の運動が制限され足先への血行が悪くなります。ですからどうしても履く場合にはオフィスなどでは脱ぐようにする、少しゆったりとしたものを履くなどの対策が必要になると思います。

④ 外出から戻ったら足湯で足を温めます

冷え性で無い人は問題ないのですが、冷え性の人にとっては逆効果なのです。理由は簡単に言えば「湯冷め」を起こしてしまうのです。ですから冷え性の人の足湯はその方法を変えなければいけません。

どのように変えるのかといえば、まず足湯用のお湯と同じくらいの量の冷水を用意します。それから足湯で足を温めた後に冷水に足をつけます。これを何度か繰り返した後に最後はお湯のほうで終わります。そして素早く靴下を履いて保温します。いわゆる「温冷交代浴」といわれるものです。ただ単に足湯を行うよりもはるかに終わった後に足がポカポカするはずです。

 

⑤ さめた体にはコーヒーが一番!

これは「身体を冷やす食べ物、身体を温める食べ物」のところでも述べますが、実はコーヒーは身体を冷やす飲み物なのです。冷たいコーヒーよりはましですが、冷え性の方はできれば紅茶に変えてください。また緑茶も身体を冷やします。これもほうじ茶やウーロン茶に変えてください。こういった小さな努力の積み重ねが治療には大切なのです。

⑥ 寒いときには熱い風呂が一番

冷え性の方にとってお風呂というのは非常に重要だと考えます。特に最近はシャワーだけで簡単に入浴を済ませて、湯船にゆっくりとつからない方が増えているようなので、湯船にゆっくりとつかっていただきたいと思います。ただし問題はお湯の温度です。

あまり温度が高いとのぼせたりして長い時間つかっていることができません。時間が短いと表面はぬくもるのですが、身体の芯は冷えたままなのです。お風呂は少し時間を掛けてゆっくりとつかることが大切です。そのためにはあまりお湯の温度を上げないほうが良いと思います。

それから入浴方法としてオススメしているのが半身浴です。特に夏場の冷房病や冷えの時には効果を発揮します。これもあまり熱くない程度の温度のお湯にみぞおちから下をつけて、できれば20分から30分つかってください。

このページはお役に立ちましたでしょうか。よろしければお知り合いの方に共有してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

十慈会 いきいき接骨院

お知らせ

  1. 2019.12.26
    年末年始のご案内

    12月30日(月)まで通常営業

    12月31日~1月3日までお休み

    1月4日(土)より通常営業

    ※緊急の場合はご連絡ください。可能な限り対応致します。

    いきいき接骨院 054-266-7331

    年末年始のご案内
  2. 2018.10.17
    Facebook  駐車場案内

    営業時間の変更などのお知らせをこちらに載せています。

    また、駐車場案内の写真や動画も投稿しています。

    https://ja-jp.facebook.com/ikiikiShizuoka

    Facebook  駐車場案内
  3. 2013.08.09
    交通事故の「診断書」発行します

    当院で発行する「施術診断書」は、交通事故の人身事故の際、警察にて受理していただけます。基本的には

    整形外科さんにての受診をおすすめしますが、土曜・日曜日などお休みの際はご利用ください。

    くわしくは当院までお電話ください。

    交通事故の「診断書」発行します
  4. 2013.02.17
    交通事故のご相談は・・・

    当院では交通事故でお困りの方に、損害保険の代理店資格を持つ院長か提携先保険代理店の事故担当が、治療開始から示談まで責任もって相談に応じます。「自賠責の事」「任意保険の事」「車の修理」「体の治療」「今後の示談の進め方」など何でも結構です。お気軽に御相談下さい。

    交通事故のご相談は・・・
  5. 2019.04.19
    ゴールデンウィーク営業のお知らせ

    4月27日~5月6日のゴールデンウィーク期間中は

    毎日午前中(8時30分~12時30分)受付致します。

    *上記時間外も、急性外傷・交通事故受傷による施術診断書作成などは可能な限り対応しますのでご連絡ください。

    いきいき接骨院 054-266-7331

    ゴールデンウィーク営業のお知らせ